萼片

花弁 (花びら)の外側にある部分を萼、1枚1枚を萼片という。
花を支えたり保護したりする働きをする。
主に緑色だが、ピンクや白など花のように見えるものもある。
など果実についているものは、へたとも呼ばれる。

萼と花弁を合わせて花被という。

図1 ワイルドストロベリーの萼と花弁

図1 ワイルドストロベリーの萼と花弁

の裏に萼が見える。はやがてイチゴとなり
イチゴに付いている萼は、へたと呼ばれるようになる。

ワイルドストロベリーのページ

図2 コハコベの萼 正面と側面から見たもの

図2 コハコベの萼 正面と側面から見たもの

萼は5枚。コハコベの萼は花弁よりも大きく
正面からも見ることができる。

コハコベのページ

図4 アジサイの装飾花

図4 アジサイの萼 (装飾花)
萼が花弁のように見えるもの

アジサイ装飾花は萼が花弁のように
大きく発達し、退化した雄しべ雌しべを持つ花をつける。

アジサイのページ

図5 萼が花のように見えるもの シュウメイギク

図5 シュウメイギクの萼
萼が花弁のように見えるもの

シュウメイギクには花弁は無く
萼が花弁のように大きく発達している。

シュウメイギクのページ

図6 萼が花のように見えるもの アブチロン・ウキツリボク (浮釣木)

図6 アブチロン・ウキツリボクの萼
萼が花弁の一部のように見えるもの

ウキツリボク花弁は黄色い部分で
その上の赤い萼が大きく発達している。

アブチロン・ウキツリボクのページ

図7 やがて実になり、へたとも呼ばれるもの ロウヤガキ

図7 ロウヤガキの萼とへた
やがて実になり、萼がへたと呼ばれるもの

ロウヤガキや柿などの萼は
果実になるとへたとも呼ばれる。

ロウヤガキのページ

図8 萼が果実の一部となるもの(偽果) ミューレンベッキア (ワイヤープランツ)

図8 ミューレンベッキアの萼
萼が果実の一部となるもの(偽果)

ミューレンベッキアは萼が多肉質に発達し
果実の一部のようになる。

ミューレンベッキア (ワイヤープランツ)のページ

図9 萼が花のように見えるもの オシロイバナ

図9 オシロイバナの萼
萼が花弁のように見えるもの

オシロイバナ花弁は無く萼が大きく発達している。
筒状で先端は5裂する。
萼の付け根にあるのは

オシロイバナのページ