萼片

花弁 (花びら) の外側にある部分を萼、1枚1枚を萼片という。
花を支えたり保護したりする働きをする。
主に緑色だが、ピンクや白など花のように見えるものもある。
柿など果実についているものは、へたとも呼ばれる。

萼と花弁を合わせて花被という。

図1 ワイルドストロベリーの萼と花弁

図1 ワイルドストロベリーの萼と花弁

からになると萼は へたとも呼ばれる。

ワイルドストロベリーのページ

図2 コハコベの萼

図2 コハコベの萼

コハコベのページ

図3 ペチュニアとボケの萼 側面から見たもの

図3 ペチュニアとボケの萼 花を側面から見たもの

ペチュニアのページ

ボケのページ

図4 萼が花のように見えるもの デルフィニウム

図4 デルフィニウムの萼
萼が花のように見えるもの 花弁と萼

外側が萼、内側は花弁

デルフィニウムのページ

図5 萼が花のように見えるもの シュウメイギク、オシロイバナ

図5 シュウメイギクとオシロイバナの萼
萼が花のように見えるもの 花弁は無い
オシロイバナの萼の付け根にあるのは

シュウメイギクのページ

オシロイバナのページ

図6 やがて実になり、へたとも呼ばれるもの ロウヤガキ

図6 やがて実になり、へたと呼ばれるもの
ロウヤガキの萼と柿のへた

ロウヤガキのページ

図7 萼が果実の一部となるもの(偽果) ミューレンベッキア (ワイヤープランツ)

図7 ミューレンベッキアの萼
萼が果実の一部となるもの(偽果)

ミューレンベッキア (ワイヤープランツ)のページ