受粉 (じゅふん)

自家受粉 他家受粉 送粉 送粉者 授粉

雌しべ柱頭雄しべ花粉が付くことを受粉という。
受粉が起こると子房は果実になる。

受粉には自分と同じ花の花粉が付く自家受粉と
自分以外の花の花粉が付く他家受粉の2種類がある。

他家受粉の植物は、花粉を例えば風に運んでもらったり
虫や鳥に運んでもらったりする。
このような受粉方法を特に送粉といい
運んでくれる虫や鳥は送粉者と呼ばれる。

また人工的に、人の手で柱頭花粉を付けることもある。
このような受粉を特に授粉(じゅふん)という。

図1 ミツバアケビ(三葉木通)

(図1) ミツバアケビの受粉 雌花の拡大

ミツバアケビは雌花と雄花の
2種類が咲く雌雄異花の植物
雌花に雄花の花粉が付着しているのが見える

ミツバアケビのページ

1024x768

図2 ミツバアケビ(三葉木通)

(図2) 2015/04/01
ミツバアケビの受粉 雌花と雄花の様子

雄花の下部分は熟している
熟すと花粉を出す

1024x768

図3 ミツバアケビ(三葉木通)

(図3) 2015/10/12
受粉後 果実の様子

ミツバアケビは受粉したので
子房は果実 (アケビの実) になった

1024x768