雄しべ (雄蕊)

雄蕊 (ゆうずい) 花糸 葯

花粉を出す葯(やく)と、それを支える花糸(かし)
合わせて雄しべという。
花が実を作り種を残すための、雄性の働きをするもの。

ゆうずいとも読む。

図1 トラディスカンティア

(図1) トラディスカンティアの雄しべ
花糸を合わせて雄しべという

トラディスカンティアのページ

1024x768

図2 ニリンソウ

(図2) ニリンソウの雄しべ

ニリンソウのページ

1024x768

図3 コルチカム

(図3) コルチカムの雄しべ

コルチカムのページ

1024x768

図4 ヒペリカム

(図4) ヒペリカムの雄しべ

ヒペリカムのページ

1024x768

図5 カニバサボテン

(図5) カニバサボテンの雄しべ

カニバサボテンのページ

800x600