花糸 (かし)

雄しべ 葯

雄しべのひとつで
花粉を作るを支える部分を花糸という。

図1 トラディスカンティア

(図1) トラディスカンティアの花糸
写真ではオレンジ色の塊の下にある棒状のもの6本が花糸。

なお白い塊 (柱頭)の下にある7本目は花柱と呼ばれ
これは雌しべの一部。

トラディスカンティアのページ

1024x768