アブチロン・ウキツリボク  分類:常緑低木

浮釣木

学名

Abutilon megapotamicum

属名

Abutilon

科属

アオイ科 / アブティロン属

開花時期

6月から10月

花色

赤 (萼の色)

用途

鉢植え

管理環境

半耐寒性 日なた

増やし方

種子まき さし木

常緑性の低木。花は黄色の部分で赤い部分は
花は空中につり下がって咲くため浮釣木と呼ばれる。
暖かく温度を保てば周年楽しめる。

アブチロン・ウキツリボク (撮影日:2008年7月31日)

2008/07/31 (夏・鉢植え・半日陰)

花弁は5枚で中から雄しべ雌しべ
合着した蕊柱が伸びる。
雄しべ多数に雌しべが5本つく。
赤く大きなは5稜の筒型で先端は5裂する。
右側赤く見える花弁は花が終わりに近いもの。

葉はハート形から長披針形で互生する。