花弁

離弁花 (りべんか)  合弁花 (ごうべんか)

花びらを花弁という。の内側にあり
雄しべ雌しべを保護する役割を持つ。
この1枚1枚の小片が花弁で、
花弁全体をまとめて花冠 (かかん) と呼ぶ。

図1のように1枚ずつの花弁で
構成されている花を離弁花といい、
図2のように何枚かの花弁がくっついて
1枚の花弁が構成されている花を合弁花という。

図1 アカカタバミ(赤傍食)

図1 アカカタバミの花弁
アカカタバミは花弁同士が離れている離弁花

アカカタバミのページ

図2 ホタルブクロ (蛍袋)

図2 ホタルブクロの花弁 合弁花
釣鐘形の花
ホタルブクロは花弁同士がくっついている
合弁花

ホタルブクロのページ

図3 キキョウ (桔梗)

図3 キキョウの花弁 合弁花

キキョウのページ

図4 セイヨウタンポポ(西洋蒲公英)

図4 セイヨウタンポポの花弁 合弁花
五枚の花弁がくっついて一枚の花弁になっている

セイヨウタンポポのページ