核果

石果

液果の一つで中心に木質化した
内果皮 ()がある果実を核果という。
この堅いが中の種子を保護している。
石果 (せきか)ともいう。

サクランボモモなど多肉質な中果皮を食べるものや
銀杏のようにの中にある種子を食べるものがある。

図1 ウグイスカグラ(鶯神楽)

(図1) ウグイスカグラの果実 核果

中のが日に透けて見える

ウグイスカグラのページ

図2 ユスラウメ

(図2) ユスラウメの果実と核 核果

を半分に切ったところ
ユスラウメは多肉質な中果皮を食べる

ユスラウメのページ

図3 ユスラウメ

(図3) 参考 ユスラウメの果実 核果

800x600

図4 イチョウ(銀杏)

(図4) イチョウの果実 核果

イチョウの中果皮は悪臭がする
この部分は食べずに取り除く

イチョウのページ

図5 イチョウ(銀杏)

(図5) 参考 イチョウの核

中果皮を取り除いたようす
ギンナンはこのを割って出てくる種子の部分

図6 サクラ (桜)サクランボ

(図6) サクラの果実 核果 サクランボ

サクランボの種のように見える部分が
サクランボは核果

サクラのページ