角果

長角果 (ちょうかくか) 短角果 (たんかくか)

さく果の一つで2枚の心皮からなり
その間を仕切る薄い膜、隔膜を持つ
アブラナ科特有の果実を角果という。
果実の長さが幅の3倍以上のものを長角果
それ以外を短角果という。

図1 ハボタン(葉牡丹)

(図1) ハボタンの果実 長角果

熟すと下の方から縫合線で裂け種子を放出する

ハボタンのページ

640x480

図2 ルナリア(合田草)

(図2) ルナリアの果実 短角果

果実の中の種子が透けて見える

ルナリアのページ

図3 ルナリア(合田草)

(図3) ルナリア 縫合線の拡大

熟すと縫合線に沿って裂ける
前と後ろの果皮種子と共に
剥がれ落ちる
果実を前後に仕切っていた
隔膜が残ってみえる

図4 ルナリア(合田草)

(図4) ルナリアの種子散布の様子

熟して剥がれ土に落ちた果皮種子

図5 ナズナ(薺)

(図5) ナズナの果実 短角果

熟すと下の方から縫合線で裂け
種子を放出する

ナズナのページ

図6 ナズナ(薺)

(図6) ナズナの隔膜

隔膜だけになった様子