オオバコ (大葉子)   分類:常緑多年草

学名

Plantago asiatica

科属

オオバコ科 / オオバコ属

開花時期

5月から10月

花色

白 (葯の色)

用途

地植え 雑草

管理環境

耐寒性 日なた

増やし方

種子まき こぼれ種

常緑性の多年草。冬はロゼット状で過ごす。
花は雌性先熟で先に雌しべが熟し柱頭を出し
次に雄しべが熟し花粉を出す。
道端など人に踏まれる場所に生え
踏まれることで種が運ばれ増える。

オオバコ (大葉子)(1-1) (撮影日:2017年9月16日)

2017/09/16 …(1-1) (秋・半日陰・地植え)
全体の様子

下から上へと咲く。白く見えるのは雄しべ

小さい模様のある葉…ヒメツルソバ
明るい緑の葉…マルバマンネングサ

1024x768

オオバコ (大葉子)(1-2) (撮影日:2017年9月16日)

2017/09/16 …(1-2) (秋・半日陰・地植え)
雄性期の穂の拡大

花は穂状花序。
雄しべが熟す雄性期には
白い雄しべが突き出ているのが見える。

オオバコ (大葉子)(2-1) (撮影日:2016年9月23日)

2016/09/23 …(2-1) (秋・地植え)
雌性期の穂の拡大

雌しべが熟す雌性期には
白い雌しべ柱頭
突き出ているのが見える。

1024x768

オオバコ (大葉子)(2-2) (撮影日:2016年9月23日)

2016/09/23 …(2-2) (秋・地植え)
葉は卵形でフチは波打つ。
中央に見えるのは花のつぼみ

左…セダム・レフレクサム
奥…源平小菊 (エリゲロン)

1024x768

オオバコ (大葉子)(1-3) (撮影日:2017年9月16日)

2017/09/16
未成熟の実の拡大

果実はお椀の蓋を開けるように開く蓋果
中の種子は濡れると粘液を出す。
踏んだ足にくっついて
種子を遠くへと運ぶ仕組み。

オオバコ (大葉子)(3) (撮影日:2020年5月3日)

2020/05/03 …(3) (秋・地植え)
ロゼットの様子

冬は地面に張り付いて陽がよく当たるように
また風の抵抗が少なくなるように過ごす。

1024x768

オオバコ (大葉子)(4) (撮影日:2017年9月16日)

2017/09/16 …(4) (秋・地植え)
全体の様子

オオバコの草相撲でも親しまれる。
両者長い茎を絡ませひっぱり
どちらが最後まで切れずに残るかの勝負をする。

1024x768

オオバコ (大葉子)(5) (撮影日:2013年6月23日)

2013/06/23 …(5) (夏・地植え)

花後まもないうちは茶色の穂にも見える。

1024x768