ヘラオオバコ (箆大葉子)   分類:常緑多年草

学名

Plantago lanceolata

科属

オオバコ科 / オオバコ属

開花時期

5月から8月

花色

白 (葯の色)

用途

地植え 雑草

管理環境

耐寒性 日なた

常緑性の多年草。
秋から冬はロゼット状で過ごす。
花は雌性先熟で下から上に咲き まず雌しべが先に出て他の株と受粉し、 次に雄しべが出て花粉を出すことで 自家受粉を避ける仕組みとなっている。
※写真は全て同じ場所を撮影したもの

ヘラオオバコ (箆大葉子) (1-1) (撮影日:2013年5月25日)

2013/05/25 … (1-1) (春・日なた・地植え)

花は花茎に小花が密につく穂状花序。 雌性期には雌しべが1本、雄性期には雄しべが4本、下から上に咲く。

640x480

ヘラオオバコ (箆大葉子) (1-2) (撮影日:2013年5月25日)

2013/05/25 … (1-2) (春・日なた・地植え)
花の拡大

上部は雌しべ柱頭が出ている雌性期の状態。 下部は受粉が終わり雄しべが出ている雄性期の状態。 花粉は風に乗って飛ばされる風媒花

640x480

ヘラオオバコ (箆大葉子) (1-3) (撮影日:2013年5月25日)

2013/05/25 … (1-3) (春・日なた・地植え)
全体の様子

道端や、やや湿り気のある場所に生える。葉は根生葉で細長いヘラ形~披針形でフチは波打つ。箆大葉子の名前は葉が箆状なことから。

640x480

オオバコ (大葉子)(3-4) 果実と種子の拡大 蓋果の蓋が開く様子(撮影日:2020年10月29日)

蓋果参考:オオバコの蓋果

果実オオバコ、ヘラオオバコ共にお椀の蓋を開けたように裂ける蓋果。 蓋が開いた様子と下部のお椀に種子が入っているのが見える。 種子は水に濡れると粘液を出し、 踏まれると足にくっついてを遠くへと運ぶ仕組み。

オオバコのページ