距 (きょ)

花弁の後ろ側へまたの外側へ突き出た部分のこと。
中に蜜を溜め虫を呼ぶ働きをする。

スミレの仲間ラークスパー (千鳥草)に見られる。

図1 スミレの距 横から見た様子

(図1-1) スミレの距

スミレの仲間

1024x768

図1-2 スミレの距 正面から見た様子

(図1-2) スミレの距
花の正面からは見えない

スミレのページ

1024x768

図2 ビオラ・ソロリアの距

(図2) ビオラ・ソロリア

ビオラ・ソロリアのページ

1024x768

図3 ラークスパーの距 (千鳥草)

(図3) ラークスパー
ラークスパーの綴り(larkspur)とキョ(spur)は
どちらも鳥のけづめのこと

ラークスパー (千鳥草)のページ

1024x768

図4 イカリソウの距

(図4) イカリソウの距

イカリソウのページ

図5 シンバラリア・ムラリスの距 ツタバウンラン

(図5) シンバラリア・ムラリスの距

シンバラリア・ムラリスのページ

図6 ビオラの距

(図6) ビオラの距

ビオラのページ

1024x768

図7 ビオラ・ソロリアの距

(図7) ビオラ・ソロリアの距

ビオラ・ソロリアのページ

1024x768