ガマズミ  分類:落葉低木

学名

Viburnum dilatatum

科属

スイカズラ科レンプクソウ科 / ガマズミ属

開花時期

5月から6月

花色

用途

鉢植え 地植え

管理環境

耐寒性 半日陰(日当たりのよい場所)

増やし方

種子まき さし木

冬季落葉性の低木。山地の明るい場所でみられる。
小さな両性花ががたくさん集まって咲く。
秋にはが赤く熟す。この時期のは非常に渋く
酸っぱいが霜が降りる頃になると甘くなる。
果実酒もに利用される。
以前はスイカズラ科に分類されたが
現在はレンプクソウ科に分類される。

※写真:同じ数字は同じ木を撮影したもの

ガマズミ(1-1) 白色の花 (撮影日:2008年5月23日)

2008/05/28 … (1-1) (春・鉢植え)
全体の様子

葉は2枚が向かいあう対生。
卵形でギザギザとした鋸歯がある。

ガマズミ(1-2) 白色の花 花の拡大 (撮影日:2008年5月23日)

2008/05/28 … (1-2) (春・鉢植え)
花の拡大

花は雄しべ5本に雌しべ1本。
花冠は5裂する。

ガマズミの果実(2) 赤色の実 (撮影日:2008年10月26日)

2008/10/26 … (2) (秋・切花)
ガマズミの果実

果実は球形の核果
冬頃になると酸味が弱まり甘みが増す。