ヤマボウシ (山法師・山帽子)

Cornus kousa

コルヌス・コウサ
コモンネーム:Kousa Dogwood(コウサ・ドッグウッド),
Japanese Dogwood, Chinese Dogwood

分類

落葉高木

科属

ミズキ科 / ミズキ属

開花時期

6月から7月

花色

白 (苞の色)

用途

地植え

管理環境

耐寒性 日なた

増やし方

さし木

冬季落葉性の高木。山地の日当たりの良い場所で見られる。 白く花弁に見える部分はでその中心に緑色の小花が集まって咲く。 この丸いつぼみを法師の頭に、白いを頭巾に見立て山法師と呼ばれる。 秋には赤く鮮やかに紅葉する。

ヤマボウシ(山法師)(1-1) 白色の花(撮影日:2008年6月15日)

2008/06/15 …(1-1) (夏・日なた・地植え)

白いの中心に緑色の小花が30個ほど密生する。 写真の花序から雄しべが多数突き出ているのが見える。 花弁が4枚に 雄しべが4本、雌しべが1本つく。 花弁は開花後すぐに脱落するがは開花前から開き 長く楽しめる。 葉は卵形から長楕円形。全縁で波打ち対生する。 日当たりと水はけ、風通しの良い場所で育てる。

ヤマボウシ(山法師)(1-2) 白色の花 全体の様子(撮影日:2008年6月15日)

2008/06/15 …(1-2) (夏・日なた・地植え)
全体の様子

背は高く樹高15mほどにもなる。樹皮は褐色でまだらにめくれ剥がれ落ちる。 ミズキ属の樹皮の煮汁で犬のノミ退治を行ったことから Kousa Dogwoodと、また原産国が日本や中国、朝鮮半島なため Japanese DogwoodChinese Dogwoodと呼ばれる。

ヤマボウシ(山法師)(2) ヤマボウシの実 赤色の果実(撮影日:2008年9月28日)

2008/09/28 …(2) (夏・日なた・地植え)
ヤマボウシの果実

果実は複数の雌しべからなる多花果。 写真の果実から多数の雌しべ花柱の名残が突き出ているのが見える。 ヤマボウシは多数の花の萼筒が多肉質に発達、癒合して1つの果実となっている。