アカマツ (赤松)  / 分類:常緑高木

雌松

学名

Pinus densiflora

科属

マツ科 / マツ属

開花時期

4月から5月

花色

赤 (雌花) 黄 (雄花)

用途

切花 鉢植え 地植え ドライ素材

管理環境

耐寒性 日なた

常緑性の高木で針葉樹。雌雄異花。
マツの実(球果)はマツボックリと呼ばれる。
またマツ科の球果をまとめてマツボックリとも呼ばれる。

写真の木はアカマツ。
樹皮が赤いアカマツの葉は細く柔らかく(雌松)
樹皮が黒いクロマツの葉は固い(雄松)。

※写真:同じ数字は同じ木を撮影したもの

アカマツ(赤松)(1) (撮影日:2015年4月24日)

2015/04/24 … (1-1) (春・地植え・半日陰)

マツの雄花
マツは風媒花 花粉は風に乗って遠くへと運ばれる

1024x768

アカマツ(赤松)(1) (撮影日:2013年4月13日)

2013/04/13 … (1-2) (春・地植え・半日陰)
つぼみの状態

アカマツ(赤松)(1) (撮影日:2013年2月22日)

2013/04/22 … (1-3) (春・地植え・半日陰)
開花した状態

アカマツ(赤松)(1) (撮影日:2014年5月11日)

2014/05/11 … (1-4) (春・地植え・半日陰)

800x600

アカマツ(赤松)(1) (撮影日:2014年6月4日)

2014/06/04 … (1-5) (夏・地植え・半日陰)
全体の様子

1024x768

アカマツ(赤松)(1) (撮影日:2015年4月24日)

2015/04/24 … (1-6) (春・地植え・半日陰)
雄花の拡大
1枚1枚の鱗片に花粉嚢がつく
マツは裸子植物のため
花粉が作られる袋は花粉嚢と呼ばれる

1024x768

アカマツ(赤松)マツの実 (2)  マツカサ、マツボックリ (撮影日:2008年6月8日)

2008/06/08 … (2) (夏・地植え・日なた)

マツボックリ
マツの果実は球果
マツやスギなど裸子植物の針葉樹にみられる果実