コブシ (辛夷)

Magnolia kobus

マグノリア・コブス 山蘭 (ヤマアララギ)

分類

落葉高木

科属

モクレン科 / モクレン属

開花時期

3月から4月

花色

用途

地植え

管理環境

耐寒性 日なた

落葉性の高木。日当たりが良くやや湿り気のある場所を好む。 果実はたくさんの球が縦に連なった特徴的な形で それを握りこぶしに見立てコブシと呼ばれる。 山蘭はコブシの古名で春の季語。 同じ属のモクレンが閉じ気味に咲くのに対し コブシの花は大きく開いて咲く。

コブシ(辛夷)マグノリア・コブス(1-1) 白色の花(撮影日:2021年3月19日)

2021/03/19 …(1-1) (春・日なた・地植え)

花は良い香りがする。 花弁はへら形で6枚に 小さな片が3枚つく。 大きく開いて咲いているのが見える。 花後に展開する葉は倒卵形で先が尖り互生する。

1024x768

コブシ(辛夷)マグノリア・コブス(1-2) 花芽の拡大(撮影日:2021年3月3日)

2021/03/03 …(1-2) (春・日なた・地植え)
花芽の拡大

花芽や葉芽は芽鱗(がりん)という毛の生えた葉で覆われている。 冬の寒さから身を守る働きをする。

1024x768

コブシ(辛夷)マグノリア・コブス(1-3) 白色の花 花の拡大(撮影日:2021年3月23日)

2021/03/23 …(1-3) (春・日なた・地植え)
花の拡大

雄しべはオレンジ色で多数本らせん状につく。 その中央に緑色の雌しべが多数本集まってつく。 花の付け根にあるカールして見えるものが萼片

1024x768

コブシ(辛夷)マグノリア・コブス(1-4) 白色の花 花を横から見た様子(撮影日:2021年3月24日)

2021/03/24 …(1-4) (春・日なた・地植え)
横から見た様子

コブシの花は付け根に1枚の葉がつく。 毛の生えた芽鱗と緑色の葉が見える。

1024x768

コブシ(辛夷)マグノリア・コブス(1-5) 白色の花 全体の様子(撮影日:2021年3月23日)

2021/03/23 …(1-5) (春・日なた・地植え)
全体の様子

背は高く10mから15mほどにもなる。

1024x768

コブシ(辛夷)マグノリア・コブス(1-6)(撮影日:2021年3月3日)

2021/03/03 …(1-6) (春・日なた・地植え)
花芽 全体の様子

1024x768

コブシ(辛夷)マグノリア・コブス(1-7)(撮影日:2021年3月3日)

2021/03/03 …(1-7) (春・日なた・地植え)
樹皮の様子

樹皮は灰白色。滑らかでつるんとしている。

1024x768

コブシ(辛夷)マグノリア・コブス(1-8)(撮影日:2021年3月23日)

2021/03/23 …(1-8) (春・日なた・地植え)
満開の頃の様子

できる果実は球状の袋果が縦に連なり集まった集合果。 秋ごろ茶色に熟す。中には大きく赤い種子が1つずつ入っている。

1024x768

コブシ(辛夷)マグノリア・コブス(1-9)(撮影日:2021年3月23日)

2021/03/23 …(1-9) (春・日なた・地植え)
花を下から見上げた様子

1024x768