肉穂花序

穂状花序の花序が多肉質になったもので
サトイモ科の植物にみられる、多肉質な太い花軸に
柄のない多数の小花を直接つける花のつき方(花序)を
肉穂花序という。
複数の雄しべと複数の雌しべからなり
この花序一つで一つの花となる。
大きな仏炎苞に包まれるように咲く。


関連項目
仏炎苞
穂状花序
頭状花序

図1 カラーの肉穂花序

図1 カラーの肉穂花序
全体の様子

黄色の仏炎苞の中心に見えるのが肉穂花序。

1024x768

カラーのページ

図2 カラーの肉穂花序

図2 カラーの肉穂花序
肉穂花序の拡大

下部分は雌性花、上部分は雄性花で咲き始めは雌性期の雌性先熟。 雌性期には仏炎苞がゆるみ肉穂花序が露出する。

1024x768

図3 アンスリュウムの肉穂花序

図3 アンスリュウムの肉穂花序
全体の様子

アンスリュウムの肉穂花序は最初から露出している。

アンスリュウムのページ