雄性先熟 (ゆうせいせんじゅく)

雄しべ先熟 雄性期 雌性期

雄しべ雌しべよりも先に成熟する仕組みを
雄性先熟という。

先に雄しべが熟して花粉を出し
花粉を出し終えると雌しべが熟して柱頭が現れる。
その柱頭から自分とは別の花の花粉を受け取ることで
自家受粉を避ける仕組みになっている。

雄しべが熟している間を雄性期といい
雌しべが熟している間を雌性期という。

図1 オトメギキョウ(乙女桔梗)

(図1) オトメギキョウの雄性期と雌性期
左の花が雄性期 雄しべが熟して花粉を出す
花の周りに花粉が見える

右の花が雌性期 雌しべが熟して柱頭が3裂する (3つに分かれる)

オトメギキョウのページ

1024x768

図2 オトメギキョウ(乙女桔梗)

(図2) オトメギキョウの雄性期
咲き始めのオトメギキョウ
花の周りの白い粉が花粉
柱頭の近くにある

オトメギキョウのページ

図3 オトメギキョウ(乙女桔梗)

(図3) オトメギキョウの雄性期
横から見た様子

1024x768

図4 オトメギキョウ(乙女桔梗)

(図4) オトメギキョウの雌性期
雌しべが熟して柱頭が3つに分かれる
咲き始めと比べ柱頭から離れた場所にある

図5 ホタルブクロ(蛍袋)

(図5) ホタルブクロの雄性期

ホタルブクロのページ

1024x768

図6 ホタルブクロ(蛍袋)

(図6) ホタルブクロの雌性期

1024x768