琴糸丸

Mammillaria decipiens ssp. camptotricha

Dolichothele camptotricha

キンシマル コトイトマル

分類

常緑多年草 多肉植物

科属

サボテン科 / ドリコテレ属 マミラリア属

開花時期

4月から7月

花色

用途

鉢植え

管理環境

半耐寒性

日当たりのよい場所 (夏の直射日光は裂ける)

増やし方

種子まき さし木

常緑性の多年草で多肉植物。 以前はドリコテレ属に分類されたが現在はマミラリア属に分類される。 ややカールした金色のトゲを持つ。

琴糸丸 (キンシマル、コトイトマル)(1-1) 白色の花(撮影日:2008年12月15日)

2008/12/15 …(1-1) (冬・鉢植え)

たくさんの子をつけ群生する。早いうちから花や子が楽しめる。 春から夏に開花し冬に休眠する。

琴糸丸 (キンシマル、コトイトマル)(1-2)  全体の様子(撮影日:2008年4月7日)

2008/04/07 …(1-2) (春・鉢植え)

やや巻いた金色のトゲをつける。成長した株のトゲ先ははこげ茶色になるところもあり 全体が金茶のようにも見える。 旧属のドリコテレ属は大きな疣が特徴的なイボサボテン類で この種類のサボテンはイボを切り取って挿し増やすことができる。