ウラシマソウ (浦島草)   分類:落葉多年草

学名

Arisaema urashima

属名

Arisaema

科属

サトイモ科 / テンナンショウ属

開花時期

4月から5月

花色

茶色

用途

地植え

管理環境

耐寒性 半日陰~日陰

冬季落葉性の多年草。
花の先が細く長く伸びる。球茎 (イモ状の球根) は有毒。
花の周りを覆っている茶色のものは
仏炎苞 (ブツエンホウ) と呼ばれる。
アンスリュウムの赤い部分も同じ仏炎苞。

※写真:同じ数字は同じ木を撮影したもの

ウラシマソウ (1-1)  茶色の花 正面 (撮影日:2008年4月19日)

2013/04/16 … (1-1)

ウラシマソウ (1-2)  茶色の花 伸び始め (撮影日:2013年4月7日)

2013/04/07 … (1-2)

ウラシマソウ (1-3)  茶色の花 裏側 (撮影日:2008年4月19日)

2013/04/13 … (1-3)   (裏側)

ウラシマソウ (1-4)  茶色の花 横 (撮影日:2008年4月19日)

2013/04/13 … (1-4)   (横側)

ウラシマソウ (1-5)  茶色の花 (撮影日:2008年4月19日)

2013/04/17 … (1-5)

ウラシマソウ (2-2)  茶色の花 (撮影日:2008年4月19日)

2008/04/19 … (2-1)

ウラシマソウ (2-2)  未成熟の実 (撮影日:2008年7月24日)

2008/07/24 … (2-2)
写真右:ウラシマソウの実  (やがて赤く熟す)

ウラシマソウ (3)  芽が出たところ (撮影日:2013年4月13日)

2013/04/13 … (3)
芽が出たところ