オシロイバナ (白粉花)   分類:常緑多年草

学名

Mirabillis jalapa

科属

オシロイバナ科 / オシロイバナ属

開花時期

7月から9月

用途

鉢植え 地植え

管理環境

非耐寒性 日なた~半日陰

増やし方

種子まき こぼれ種

非耐寒性の常緑多年草。
寒さに弱く日本では越冬できないため
春まきの1年草としても扱われる。
花弁は無く、花弁のようなピンク色の部分は
根や種子は有毒。こぼれ種からも良く増える。

オシロイバナ (白粉花) (1-1) ピンク色の花 (撮影日:2008年8月4日)

2008/08/04 …(1-1) (夏・日なた・地植え)

雄しべは5本雌しべは1本。
花弁は無く、が花弁のように大きく発達している。
筒状で先端は5裂する。

オシロイバナ (白粉花) (1-2) オシロイバナの実 (撮影日:2008年8月4日)

2008/08/04 …(1-2) (夏・日なた・地植え)

種子痩果。オシロイバナの名前は
このを割ると中から粉が出てくることから。
この粉は胚乳で発芽の際のエネルギーとなる。
ままごとにも使われるが根や種子は有毒のため注意。