ハハコグサ(母子草)  分類:1年草 1,2年草

オギョウ(ゴギョウ)

学名

Gnaphalium affine

科属

キク科 / ハハコグサ属

開花時期

4月から8月

花色

用途

鉢植え 地植え 雑草

管理環境

耐寒性 日なた

畑や田んぼで見かける1年草。
葉には白い毛が生えている。種は綿毛。
秋に発芽してから冬を迎え、年を越して開花するため
2年草とも表記される。
春の七草の一つでオギョウ(ゴギョウ)とも呼ばれる。

七草はセリ、スズナ(カブ)、スズシロ(ダイコン)、
ナズナ、ホトケノザ(コオニタビラコのこと)
ハコベラ(ハコベ)とオギョウ(ハハコグサ)。

※写真:同じ数字は同じ木を撮影したもの

ハハコグサ(母子草)(3) 黄色の花(撮影日:2016年5月2日)

2016/05/02 …(1)
(春・地植え・半日陰)

1024x768

ハハコグサ(母子草)(2) 黄色の花(撮影日:2016年4月25日)

2016/04/25 …(2)
(春・地植え・半日陰)

1024x768

ハハコグサ(母子草)(1) 黄色の花(撮影日:2008年4月23日)

2008/04/23 …(3)

ハハコグサ(母子草)(4) 種 綿毛(撮影日:2013年6月23日)

2013/06/23 …(4)
種は綿毛 (夏・地植え・半日陰)

1024x768

ハハコグサ(母子草)(4) 黄色の花(撮影日:2013年6月23日)

2013/06/23 …(4)

1024x768

ハハコグサ(母子草)(4) 黄色の花(撮影日:2013年6月23日)

2013/06/23 …(4)

1024x768

ハハコグサ(母子草)(5) 黄色の花(撮影日:2012年7月20日)

2012/07/20 …(5)