金星 (キンセイ)

Dolichothele longimamma

Mammillaria longimamma

分類

常緑多年草 多肉植物

科属

サボテン科 / ドリコテレ属 マミラリア属

開花時期

4月から8月

花色

用途

鉢植え

管理環境

半耐寒性

日当たりのよい場所 (夏の直射日光は裂ける)

増やし方

種子まき さし木

常緑性の多年草で多肉植物。大きな疣を持つイボサボテンの一つで 以前はドリコテレ属に分類されたが 現在はマミラリア属に分類される。 このサボテンの仲間は疣を切り取って挿す疣挿しで増やすことができる。

キンセイ (金星) (撮影日:2008年4月6日)

2008/04/06 (1-1) (春・鉢植え)

白~茶色のトゲを持つ。 春から夏にかけて花弁雄しべ雌しべも黄色の花を咲かせる。 花は6cm程。 春、夏、秋に成長し冬に休眠する。

キンセイ (金星)  上から見た様子 (撮影日:2008年4月6日)

2008/04/06 (1-1) (春・鉢植え)
上から見た様子

通常疣と疣の間から子を出すが 疣を切って挿すと疣の上のトゲ座から子を出すようになる。 挿す疣が大きいほど発根率が上がる。