雌雄異株(しゆういしゅ)

同じ植物のうち、雄花と雌花が別の株に咲くもののこと。
雄株には雄花が、雌株には雌花が咲く。

実が生るのは雌株。
雄株に実は生らないが、受粉には雄花の花粉が必要。

図1 カラスウリ(烏瓜)雌花

図1 カラスウリ(雌株)
写真の花は雌花。花の付け根部分に子房が見える。
(やがて実になる部分)

1024x768

図2 サンショウ(山椒)雌花

図2 サンショウ(雌株)
左:雌花 右上:未成熟の実
右下:成熟した実(実が割れて中の種が見える)

図3 

図3 アオツヅラフジ(雄株)  (拡大する
写真の花は雄花。黄色の花粉が見える。
この株に実はならない。