花弁(かべん)

離弁花(りべんか) 合弁花(ごうべんか)

花びらのこと。
萼の内側にあり
雄しべや雌しべを保護する役割を持つ。
この1枚1枚の小片が花弁で、
花弁全体をまとめて花冠(かかん)と呼ぶ。

図2のように、1枚ずつの花弁で
構成されている花を離弁花といい、
図3のように、何枚かの花弁がくっついて
1枚の花弁が構成されている花を合弁花という。

図2 アカカタバミ(赤傍食) フクジュソウ(福寿草) ボケ(木瓜)

図2 離弁花の例
左:アカカタバミ 右上:フクジュソウ

右下:ボケ

図3 ホタルブクロ(蛍袋) アサガオ(朝顔) キキョウ(桔梗)

図3 合弁花の例(1)
左:ホタルブクロ(蛍袋) 右上:アサガオ(朝顔)

右下:
キキョウ

図4 

図4 合弁花の例(2) セイヨウタンポポ
五枚の花弁がくっついて、一枚の花弁になっている(写真右上)

1024x768