萼 (がく)

花弁 (花びら) の外側にある部分を萼という。
花を支えたり保護したりする役割を持つ。
主に緑色だが、ピンクや白など花のように見えるものもある。
柿など果実についているものは、へたとも呼ばれる。

なお、花弁と萼をあわせて花被 (かひ) と呼ぶ。

図1 ワイルドストロベリーの萼と花弁

図1 ワイルドストロベリー 萼と花弁

花から実になると萼は へたとも呼ばれる。

図2 トレニアの萼と花弁

図2 トレニア 萼と花弁

トレニアの萼は、花の正面からはほとんど見えない。

図3 コハコベの萼

図3 コハコベ
左:開花正面 右上:開花側面 右下:つぼみ

図4 いろいろな花の萼 側面から見たもの

図4 いろいろな萼 花を側面から見たもの
左:ペチュニア 右上:ボケ

右下:プリムラ

図5 萼が花のように見えるもの 例:シュウメイギク、オシロイバナ、アキレギア

図5 萼が花のように見えるものの例
左:シュウメイギク 右上:オシロイバナ

右下:デルフィニウム (外側の5枚が萼、内側は花弁)

図6 やがて実になり、へたとも呼ばれるもの 例:ロウヤガキ

図6 やがて実になり、へたと呼ばれるものの例
例:ロウヤガキ (老鴉柿)  柿のへた
左:開花時 右上:花のつぼみ 右下:ロウヤガキの実